読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子計算記

個人的な検証を

NUROが開通したのでベンチマークしてみた話

これまで自宅のインターネット回線は、フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプという1Gbpsの回線にISPは、Yahoo!BBIPv6 IPoE+IPv4 で繋いでいましたが、ウチのマンションにもNUROが来たので、フレッツに加え追加契約しました。
NURO光 for マンションという2Gbpsの回線です。


ということで、速度を見ていきましょう。まずは簡単に以下のベンチマークサイト
fast.com
で見てみます。3回実行しました。

# フレッツ NURO
1 450 Mbps 720 Mbps
2 350 Mbps 740 Mbps
3 400 Mbps 740 Mbps

やはりNUROで速くなりました。倍近く違います。調子がいいと800Mbps以上でることもあります。


次に、もう少し大きいデータのダウンロードで試してみます。
IDCFクラウド上でnginxのサーバーをたて(Standard.L16)、CentOS-6.7のisoファイル(3.6GByte)を置きます。ここに対してクライアントからはpgetを使ってダウンロードします。ディスクI/Oがボトルネックにならないよう、ファイルはメモリ上に読み書きしてます。

ちなみに、wgetだと帯域を使いきれないので、pgetを4並列で使っています。
qiita.com
具体的には、

user@localhost:/dev/shm/tmp$ pget -p 4 http://<IPアドレス>/CentOS-6.7-x86_64-bin-DVD1.iso
Checking now http://<IPアドレス>/CentOS-6.7-x86_64-bin-DVD1.iso
Download start from http://<IPアドレス>/CentOS-6.7-x86_64-bin-DVD1.iso
 3895459840 / 3895459840 [=========================================] 100.00% 34s

binding with files...
 3895459840 / 3895459840 [==========================================] 100.00% 1s
Complete

ここでは、Downloadにかかった時間(34s)で比べたいと思います。

# フレッツ NURO
1 123 sec 36 sec
2 137 sec 37 sec
3 130 sec 34 sec

4倍近い差がでました。900Mbps以上出ている計算ですね。クライアントのPCもその上のNUROのルータも1Gbpsのポートなので、このあたりでボトルネックになっていると思われます。


定評のとおり、NUROでは良い結果が出ましたので、メインの回線はNUROに切り替えました。
NURO 10Gのマンションタイプが待ち遠しい。